産後の骨盤矯正

 

menu_sango_10menu_03

menu_sango_02

menu_sango_10

出産後は赤ちゃんに気を取られて、母親は自分のことは後回しにしてしまいがちです。

しかし、出産後の体のケアはその後の生活にとても大きな影響を与えるので、とても大切です。その中でも、骨盤の矯正をして元の正しい位置に戻してあげる事は、とても重要だと言われています。

妊娠中は、骨盤を固定しているじん帯が緩み骨盤を広げることで、胎児を育みます。
出産後広がった骨盤はすぐに元に戻るのではなく、時間をかけてゆっくりと戻ります。

個人差はありますが、約3ヶ月で元のサイズに戻るといわれていますが、出産前とまったく同じ状態の骨盤の場所には戻りません。

産後は育児によって(赤ちゃんの抱っこ、おむつ替え、沐浴など)で、体のバランスが崩れ、骨盤への負担も大きくなります。

育児や日常生活によって発生する、骨盤の左右差や、前後に差が出たまま固定されると、腰痛や生理通、不妊、冷え性、更年期障害などの原因になることもあります。
そのため産後の骨盤矯正で元の正しい位置に戻してあげることが大切なのです。

menu_sango_11

妊娠・出産によって開いた骨盤を出産後そのままにしていても、歪んだ骨盤が自然に正しい位置に戻ることはほとんどありません。

特に、帝王切開の方はなおさらです。

さらに、産後そのままにして育児に追われる方の多くで、肩こりや腰痛に悩まされる方も多いのが現状です。

産後の骨盤矯正をすると、肩こりも腰痛も同時に解消できます。

当院では、出産後の骨盤矯正を推奨しています。
また、骨盤以外にも背骨の動きが悪くなっている箇所を検査し、元の正しい位置に戻してあげることで産後の体が楽になるよう努めています。

正しい位置に戻す時期は、産後1ヶ月頃が良いといわれています。
帝王切開の方は、傷口が完全に塞がってからの骨盤矯正となります。

 

menu_02

menu_sango_05

menu_sango_06menu_sango_07

 

 

↓お店で扱っている商品は、こちらで販売しています↓ 【エルクラシコ・オンラインショップ】
ページ上部へ戻る