頭痛の悩み

menu_zutu_01menu_zutu_02menu_zutu_03menu_zutu_07

3人に一人は「頭痛持ち」と言われるほど、日本ではポピュラーな症状となった「頭痛」。
頭痛持ちだから仕方ないと諦める前に、自分の頭痛は何が原因で起きるのかを知ることがとっても大切です。

頭痛はいくつかの種類に分かれます。

大きく分けると、
(1)特に明確な病気があるわけでもないのに繰り返し起る頭痛
(2)病気が原因で起きる頭痛
となります。

(2)の場合は、既にかかりつけの病院でご相談されるのがいいかと思いますが、多くの方は(1)の部類になるのではないのでしょうか。

病気でないのに繰り返し起る頭痛は、さらに2つに分類することができます。

●緊張型頭痛
日常的な姿勢の悪さや精神的なストレスによって血行が悪くなり、首や頭の筋肉が緊張して頭痛が起きてしまう。

●偏頭痛
原因がはっきりと究明されていません。ストレス、疲労、ホルモンバランス、頭蓋骨の血管が広がり炎症起こす等の原因が考えられています。

偏頭痛の場合、頭痛が起きてからのマッサージは良くないとされていますので、頭痛になる前の、普段の生活で改善していくことが鍵となるようです。

 

menu_zutu_08

頭痛というと、頭の中が原因?と思いがちですが、上記でも書いたとおり日常生活の姿勢が大きく関係してきます。

事務作業、パソコン、スマホなどの同じ姿勢が続くことで頭痛の原因となります。

同じ姿勢が続くと、首・肩・背中の筋肉の血液の流れが滞り、疲労物質などが蓄積され、体外に排出されなくなってしまいます。

さらに、無理な姿勢から体の歪みを引き起こします。
その歪みが原因で、体に負担を与え、頭痛を悪化させてしまうのです。

当院では、頭痛の原因となっている体の歪みを治すことと、肩周りの筋肉をマッサージにてほぐすことで、より効果的に頭痛を解消していきます。

頭痛が起きてから対処するのではなく、頭痛が起きる種(原因)を作らせないことが大切です。

 

menu_02

menu_zutu_06

ページ上部へ戻る